相続税対策としての東京中心部マンションの購入について

相続対策として東京都心部マンションの購入についてのご相談が増えています。例えば、1億円を現金で所有していながらなくなる場合と1億円のマンションを持っている場合の相続税です。現金の場合、1億円を課税価格として評価されますので、税金はそのまま来ます。しかし、マンションの場合、建物については固定資産税評価額で、土地については路線価で評価されるため、タワーマンションのような土地の共有の場合には評価も低くなり、相続税が一般的に安くなります。現預金が多く、相続対策をしたい方にはオススメの相続税対策と言えます。ただ、相続税については単に現預金だけで判断するだけではなく、総財産や総相続人数、二次相続(夫が亡くなった後、奥さんがなくなる場合など相続が複数予想される場合)を考えて、シュミレーションを行ったうえでマンションの購入金額を決めた方がいいでしょう。弊所では、行政書士・税理士による無料相談を随時開催いたしております。相続税対策にぜひご活用ください。

お問い合わせ
お問い合わせ

ICSグループの御紹介

PC表示SP表示

お問い合わせ